女の人

放置しておくと危険な虫は即退治!ハチ駆除は専門業者に任せる

利用したい害虫駆除業者

主婦

ハチ退治で信頼できる業者の特徴は、対応が素早くすぐ駆けつけてくれること、見積もりが明朗で安心できること、保証つきで退治後の再発生時も責任を持ってくれること、です。利用が増えている理由として、ハチ被害への意識の高まりと、業者利用のメリットの認知、業者増加による利用の敷居の低下、が挙げられます。

More...

相見積もりをすること

ねずみ

ねずみは寄生虫や病原菌を持っていることから、さまざまな病気になるリスクがつきまといます。特に、ご老人やお子様がいる場合には、しっかり駆除することを心がけましょう。ねずみ駆除業者は、保健所の紹介業者を軸に検討しましょう。業者により、サービスも料金も異なるため、しっかり比較検討することがポイントです。

More...

ハチには危険がいっぱい

駆除

ハチの種類によって傾向は多少違いますが、時期によって急激に攻撃性が高まることもあります。繁殖期は特に攻撃性が強くなるハチが多いとされています。女王蜂が外へと出なくなる代わりに働きハチが巣を守るために巣に近づくものを敵とみなして攻撃してくる習性があります。また、ハチに刺されると腫れるだけではなくアナフィラキシーショックを起こして最悪ショック死してしまう可能性もないとは言い切れません。そんな危険な部分を持ちあわせるハチですから、自宅の敷地に巣が出来た場合はハチ駆除を行うのが賢明でしょう。中でもスズメバチやアシナガバチは特に危険だとされているハチですから、もし見つけても近づかないように心がけましょう。

ハチ駆除はいつ行えば良いのかと言いますと、ハチの行動が緩やかになる夕方以降です。ハチは昼行性ですから夜には活動をせずに巣に戻ってきます。そのタイミングを狙うのがベストです。駆除の仕方としては殺虫剤をハチの巣から1メートルから2メートル程度離して噴射を30秒程度すれば完了です。巣の小さいうちはハチ駆除も簡単でしょう。噴射のポイントとしては噴射し続けることです。ハチが攻撃してきて向かってきても耐える必要があります。そのためにも攻撃されても大丈夫な防護服が必要になるのです。十分殺虫剤を巣に噴射するとハチも死滅しますから、翌日にでも棒でたたいて巣を落とし、袋に入れて処分すればハチ駆除自体は完了します。

手順を覚えておく

蜂の巣

やむを得なく自分で蜂の巣の駆除をするのであれば、蜂が大人しい時間帯を見極めておく必要があります。大抵は夜中にやるのが良く、殺虫剤は蜂用のものを使い、ゴミ袋は二重にして、ノコギリで切り離しておくと良いでしょう。

More...